夏のウォールデンマーケット ワークショップ編
夏のウォールデンマーケット ワークショップ編

7/23(土)に開催された夏のウォールデンマーケット

午後からは、コミュニティルーム「杜の家」にてファブリックパネルのワークショップを開催させていただきました。

ファブリックパネルは、木のパネルにお好みの布を張るだけで、アートを飾るように気軽にインテリアに取り入れることができます。

こちらで用意した布や、好きな布を持参いただき、それぞれ素敵なファブリックパネルが制作できました。

制作にはガンタッカーという大きなホッチキスを使用するのですが、最初に見本を見せたり少しお手伝いをするだけでお子様たちも一生懸命作業できました。

ワークショップの面白いところは、モノ作りの過程を一緒に楽しめるところだと思っています。

「モノ消費、コト消費、トキ消費」の、まさに「トキ消費」。

モノ作りを通して、参加者通しがつながったり、新たな自分発見があったり、

時間と体験を共有することで、そのあとの暮らしが充実したり、参加することでとてもいい影響が出ると思っています。

私の経験上、モノを作っているとき、それは常に自分と向き合う時間であること。

自由にできるからこそ、自分の感覚が大切です。

自分は何がしたいのか、モノ作りは、そんな自分の思考の整理でもあるのです。

今回16名もの方々にご参加いただき、楽しい時間を過ごすことができました。

一人では手が回らず至らぬ点もあったかと思いますが、みなさんの嬉しい笑顔に大変元気をもらいました。

ご参加の方々の作品の一部

ワークショップにご参加くださったみなさま、本当にありがとうございました!!

by 中村 歩美

記事一覧に戻る↗︎関連記事を読む↘︎
夏のウォールデンマーケット ワークショップ編
Related Articles
上の記事に関連する記事をこちらで紹介しています。
夏のウォールデンマーケット クリーン活動編
遊び
夏のウォールデンマーケット クリーン活動編
2022-07-24
当サイトでは快適にご利用いただく為に、クッキー ( Cookies ) を使用しています。「許可する」ボタンをクリックすることでデバイスでのクッキー利用を許可してください。また「拒否する」をクリックした場合、当サイトの一部の機能をご利用いただけない場合がございますので予めご了承ください。詳しくはこちらの Privacy Policy ページをご参照ください。