「Kyoto mama 100」 #1
「Kyoto mama 100」 #1

清水静香さんによる、「Kyoto mama 100」 プロジェクト。

第1回のゲストは、

デザイナーの山本安佳里さんです。

安佳里さんは、京都の大原在住の子育てママです。

大原の素敵なお家にお邪魔してきました。

インタビューを受ける山本安佳里さん

四方が見渡せる窓に囲まれた開放感のあるリビング。

自然と共に暮らすとっても素敵なお家です。

インタビューに、ひとつひとつ丁寧に答えてくださいました。

お話は、北海道から京都へ来てからの子育てのこと、そして祇園祭に魅せられてからの熱い想いや行動力、

聴いていて本当に刺激を受けました。

コドモト発行の「はるこの祇園祭」

安佳里さんが代表を務めるコドモトは、未来を担う子どもたちへ、これからの文化を繋いでいくためにさまざまな活動をされています。

その一つに、「はるこの祇園祭」という、コドモト発行の書籍があります。

私も読ませていただきましたが、主役のはるこを通して、日常の風景が思い浮かぶようなストーリーと、柔らかなイラストですぐに引き込まれました。

子どもにも祇園祭を身近に感じてもらえる1冊です。

そして私、京都生まれの京都育ちですが、祇園祭について今まで知らなかったことをたくさん教えてもらいました。

ワークショップも開催されており、ペーパークラフトで作る鉾作りもたくさんの方がご参加されたそうです。

安佳里さんの娘さんの作品

1000年以上も続く祇園祭を、もっと知ってもらい次の世代にもつなげていくこと、

その土地に根付いた文化やお祭りをもっとみて触れて体感してもらいたいと、「こどもと行こう!祇園祭」というプロジェクトも続けておられます。

まだまだお伝えしたいことはたくさんありますが、

詳しいお話しは、ぜひspotifyの音声配信よりお聴きくだされば嬉しいです。

spotifyはこちらから

この「Kyoto mama 100」は、京都で子育てするママにスポットを当て、3rdプレイスコーディネーターの静香さんが、そのストーリーをインタビュー形式で音声配信することで、たくさんのママの勇気や笑顔に繋がるように、そんな想いを込めたプロジェクトです。

さて、第2回のゲストもどうぞお楽しみに。

by 中村 歩美

記事一覧に戻る↗︎関連記事を読む↘︎
「Kyoto mama 100」 #1
Related Articles
上の記事に関連する記事をこちらで紹介しています。
「Kyoto mama 100」 スタート
暮らし
「Kyoto mama 100」 スタート
2022-07-28
当サイトでは快適にご利用いただく為に、クッキー ( Cookies ) を使用しています。「許可する」ボタンをクリックすることでデバイスでのクッキー利用を許可してください。また「拒否する」をクリックした場合、当サイトの一部の機能をご利用いただけない場合がございますので予めご了承ください。詳しくはこちらの Privacy Policy ページをご参照ください。